「俯瞰(ふかん)」とは、物事を高い位置から見下ろすように全体を見渡すことです。日本のビジネスシーンでは、プロジェクトや問題を広い視野で捉え、全体像を理解する能力を指して使われます。
この記事では、「俯瞰(ふかん)」の意味について、例文を交えながら詳しく解説します。言い換えや類語についても触れているので、ぜひ参考にしてください。

「俯瞰(ふかん)」の意味

「俯瞰(ふかん)」の基本的な意味

「俯瞰(ふかん)」という言葉は、漢字二文字から成り立っています。「俯」は「かがむ」「うつむく」という意味を持ち、「瞰」は「見下ろす」「眺める」という意味を持っています。従って、文字通りに解釈すると、「高い位置から下を見下ろす」ことを意味します。

英語では “Bird’s-eye view” や “Big picture”

と表現されます。

ビジネスの文脈では、「俯瞰(ふかん)」は、個々の細部にとらわれず、全体の構造や流れを広い視野で捉える能力を指します。この能力は、複雑なプロジェクトや問題を効率的に解決するために重要です。例えば、プロジェクトの管理では、個別のタスクの進行だけでなく、プロジェクト全体の目標達成に向けた大局的な視野が求められます。また、新しい戦略を立案する際にも、市場全体の動向や競合他社の動きを俯瞰的に分析することが重要になります。

「俯瞰(ふかん)」の具体的な使用例

以下に、「俯瞰(ふかん)」の具体的な使用例を紹介します。

例文1:「この問題に対して俯瞰的な視点でアプローチしてみましょう。全体の流れを見失わず、根本的な解決策を見つけることが重要です。」

英語で意味を確認!

“Let’s approach this issue from a bird’s-eye view. It’s important to find a fundamental solution without losing sight of the overall flow.”

例文2:「プロジェクトの進捗を俯瞰して、リソースの配分を最適化しましょう。全体のバランスを考えながら、効率的に進めていきます。」

英語で意味を確認!

“By keeping the big picture of the project’s progress in mind, let’s optimize the allocation of resources. We’ll proceed efficiently while considering the overall balance.”

例文3:「戦略会議では、市場全体を俯瞰して、将来のトレンドや機会を議論しました。」

英語で意味を確認!

“In the strategy meeting, we discussed future trends and opportunities by taking a bird’s-eye view of the entire market.”

「俯瞰(ふかん)」を使用する際の注意点

「俯瞰(ふかん)」という表現は、それ自体に「見る」という意味が含まれているため、「俯瞰して見る」という言い方は誤用になります。
この言葉を使う際には「見る」という動詞との組み合わせに注意しましょう。

誤った表現の例:「プロジェクト全体を俯瞰して見る必要があります。」
正しい表現の例:「プロジェクト全体を俯瞰する必要があります。」

俯瞰(ふかん)の言い換え・類語

「俯瞰(ふかん)」の言い換え表現や類語を以下に紹介します。

鳥瞰(ちょうかん)

「鳥瞰(ちょうかん)」は「鳥の目線で全体を見る」ことを意味し、物事を高い位置から広範囲にわたって見渡す様子を表します。俯瞰(ふかん)と同様に全体を見る視点を意味しますが、より広範囲な視野を強調する点が特徴です。

例文:

  • 新しい事業計画を立てる際、市場全体を鳥瞰(ちょうかん)して、未来のビジネスチャンスを探りました。
  • 歴史の流れを鳥瞰(ちょうかん)することで、現在の社会状況をより深く理解することができる。

瞰視(かんし)

「瞰視(かんし)」は、高いところから下を見下ろして観察することを指します。俯瞰(ふかん)と近い意味合いですが、瞰視(かんし)は物理的に高いところから見下ろす行為を指します。

例文:

  • タワーの展望台から都市の風景を瞰視することができます。
  • 山の上から街の様子を瞰視する。

展望(てんぼう)

「展望(てんぼう)」は物理的な場所からの眺望を意味することもありますが、未来に対する見通しや予測という意味でも使われます。「俯瞰(ふかん)」とは異なり、時間軸における前向きな視点を含みます。

例文:

  • このビルの最上階からは、市内を360度展望できます。
  • ミーティングで、プロジェクトの成功に向けた展望を共有しました。

大局(たいきょく)

「大局(たいきょく)」は、広い範囲や長期的な視点から物事を考えることを指します。「俯瞰(ふかん)」と共通する全体を見る視点を持ちながら、特に長期的な戦略や全体の流れを重視する点で異なります。

例文:

  • チームリーダーは常に大局(たいきょく)を見て、チームの方向性を決定する。
  • 短期的な利益にとらわれず、大局的(たいきょくてき)な視点で経営戦略を立てることが大切です。

客観(きゃっかん)

「客観(きゃっかん)」は、主観や個人的な感情を排して、事実のみを冷静に評価する態度を指します。

例文:

  • 研究者はデータを客観的(きゃっかんてき)に分析し、結論を出す必要がある。
  • 問題を解決するためには、客観的(きゃっかんてき)な視点から状況を評価することが重要です。

まとめ

「俯瞰(ふかん)」は、ビジネスにおいて非常に重要なスキルの一つです。全体を俯瞰して物事を見ることで、より戦略的な判断が可能となり、効率的な問題解決に繋がります。しかし、全体と細部のバランスを考えることも重要です。日々の業務において、俯瞰的な視点を持ちながら、必要に応じて詳細にも目を向けることが大切です。

Recommend

スキャン代行はシティコンピュータへ!全体像を俯瞰して計画的にスキャンサービスを利用

オフィス内に溢れかえる大量の書類に悩まされていませんか?これらの書類は電子化することで、業務効率化やオフィススペースの有効活用につながります。
しかし、すべてをまとめてスキャン業者に依頼すると思った以上の高額になるかもしれません。スキャンする書類の量がどのくらいあるのか、全体像を俯瞰し、優先順位を決めて計画的に取り組むことが大切です。

書類を電子化することで、以下のようなメリットがあります。
・保管コストを削減できる
・探したい情報を迅速に検索できる
・オフィスのスペースを最適化できる
・オフィス外からでも情報にアクセス可能になる

シティコンピュータは、BPO領域で35年に渡る実績を持つスキャン代行の専門会社です。豊富な実績と専門知識を活かし、お客様の予算に合わせた効果的なスキャン計画を提案いたします。
書類の電子化をお考えの場合は、ぜひシティコンピュータはへご相談ください。