日本で仕事をする際に、ビジネス用語を理解しておくことは重要です。
この記事では、日本のビジネスシーンで使えるビジネス用語「ご査収(ごさしゅう)」について、その意味や使われる場面、具体的な例を紹介します。

「ご査収(ごさしゅう)」の意味

「ご査収(ごさしゅう)」の基本的な意味

「ご査収(ごさしゅう)」という言葉は、「査」(詳しく調べる)と「収」(受け取る)を組み合わせたもので、「内容をよく確認してから受け取ってください」という意味を持っています。これはビジネスの場でよく使われ、資料や報告書、提案書などを相手に提出する際、または会議や打ち合わせで、相手に特定の内容を確認してもらいたいときに用いられます。

英語では“Please check”や“please review”
韓国語では“컨펌”

と表現されます。

「ご査収(ごさしゅう)」がよく使われる場面

「ご査収(ごさしゅう)」がよく使われる場面は、以下のとおりです。

  • 会議や打ち合わせの際に、資料や報告書などの内容を確認してもらいたい場合
  • 内容を確認してもらいたい資料やデータをメールに添付して送付する時
  • 資料や報告書、提案書などの書類を郵送する時

「ご査収(ごさしゅう)」の具体的な使用例

以下に、「ご査収(ごさしゅう)」の具体的な使用例を紹介します。

例文1:「報告書を作成しましたので、ご査収ください。」

英語で意味を確認!

“I have prepared a report, so please review it.”

韓国語で意味を確認!

“보고서를 작성했으니 컨펌해 주세요.”

例文2:「新商品のカタログを添付します。ご査収ください。」

英語で意味を確認!

“I am attaching the catalog for the new product. Please review it.”

韓国語で意味を確認!

“새 제품 카탈로그를 첨부합니다. 확인해 주세요.”

例文3:「面接の結果をメールで送りました。ご査収ください。」

英語で意味を確認!

“I have sent the interview results by email. Please review them.”

韓国語で意味を確認!

“인터뷰 결과를 이메일로 보냈습니다. 확인해 주세요.”

「ご査収(ごさしゅう)」の持つニュアンスと使用時の注意点

「ご査収(ごさしゅう)」という言葉は、ビジネスの場で一般的に使われ、相手への敬意を示す表現です。相手が目上の人や立場が上の人でも使えますが、より丁寧な印象を与えたい場合は、「ご査収願います」「ご確認いただければ幸いです」などの表現を使うとよいでしょう。

「ご査収(ごさしゅう)」のその他の表現

「ご査収(ごさしゅう)」の代替語

「ご査収(ごさしゅう)」の代替語としては、以下のようなものがあります。

  • お目通しください
  • ご確認のほど、よろしくお願いいたします
  • ご高覧ください

「ご査収(ごさしゅう)」と関連する他のビジネス用語

「ご査収(ごさしゅう)」と関連する他のビジネス用語には、以下のようなものがあります。

ご一読ください:相手に文書や情報を読んでほしいときに使う表現
ご了承ください:相手に理解や同意を求めるときに使う表現
ご検収ください:納品したものが注文通りかを確認し、受け取ってもらうことを示す表現(査収と混同しないよう注意が必要)

以上、日本のビジネスシーンで使える言葉「ご査収(ごさしゅう)」について解説しました。
正しく理解して使いこなせるように、ぜひ覚えておきましょう。