日本のビジネスシーンでは、自分自身を「小職(しょうしょく)」と表現することがあります。しかし、この表現は外国人にとっては馴染みが薄いかもしれません。
この記事では、日本のビジネスシーンで使えるビジネス用語「小職(しょうしょく)」について、その意味や使われる場面、具体的な例を紹介します。

「小職(しょうしょく)」の意味

「小職(しょうしょく)」の基本的な意味

「小職(しょうしょく)」は、ある程度の役職に就いている人の一人称で、「自分など大したことはありませんが」と、謙遜する際に使われる表現です。もともとは、国家公務員や完了などの官職に就いている人が使う言葉でしたが、現在では一般企業でも使われています。
この表現は主に書面でのコミュニケーションにおいて活用され、直接の会話ではあまり耳にしません。
「小」という字には、「小さな」「細かな」といった意味の他に、「重要でない」という意味合いも含まれています。そこから、「小職」と自らを称する際には、「私のような大したことのない役職ではありますが…」という謙虚さを表す意味になります。

英語では”I”や”me”
ベトナム語では” tôi”
韓国語では”저”

と表現されます。

「小職(しょうしょく)」がよく使われる場面

「小職(しょうしょく)」がよく使われる場面は、以下のとおりです。

  • 手紙やメールなど、書面上でのやりとり
  • 自分と同等か、目下の人とのやりとり
  • 職場の同僚との業務連絡 など

「小職(しょうしょく)」の具体的な使用例

以下に、「小職(しょうしょく)」の具体的な使用例を紹介します。

例文1:「小職の意見では、このプロジェクトは成功すると思います。」

英語で意味を確認!

“In my opinion, this project will be successful.”

ベトナム語で意味を確認!

“Theo ý kiến của tôi, dự án này sẽ thành công.”

韓国語で意味を確認!

“저의 의견으로는, 이 프로젝트는 성공할 것입니다.”

例文2:「小職が担当します。」

英語で意味を確認!

“I will take charge.”

ベトナム語で意味を確認!

“Tôi sẽ chịu trách nhiệm.”

韓国語で意味を確認!

“제가 담당하겠습니다.”

例文3:「小職も同じ考えです。」

英語で意味を確認!

“I share the same opinion.”

ベトナム語で意味を確認!

“Tôi cũng nghĩ như vậy.”

韓国語で意味を確認!

“저도 같은 생각입니다.”

「小職(しょうしょく)」の持つニュアンスと使用時の注意点

「小職(しょうしょく)」という言葉は、自分自身のポジションを控えめに述べることで、謙遜を表す際に用いられます。日本のビジネス文化では、自分を低く見せつつ相手を尊重する態度が良しとされる文化があります。
ただし、「小職(しょうしょく)」というフレーズは役職の高い方や年配の方が使うことが多く、若手社員や一般職の人が使うと違和感を与えます。さらに、この表現を自分より役職が高い人に対して使うと、失礼にあたるので注意しましょう。

「小職(しょうしょく)」のその他の表現

「小職(しょうしょく)」の代替語

「小職(しょうしょく)」の代替語としては、以下のようなものがあります。

  • 私(わたくし/わたし)
  • 当方(とうほう)
  • 小生(しょうせい)※男性のみ

これらの言葉も同様に、自分自身を表す言葉です。

「小職(しょうしょく)」と関連する他のビジネス用語

「小職(しょうしょく)」と関連する他のビジネス用語には、以下のようなものがあります。

謙遜(けんそん):へりくだることや、謙虚な態度・行動を指す言葉
僭越(せんえつ)ながら:本来すべきではないことをするときに、相手に敬意を込めて使う謙譲語
お世話になっております:相手に感謝の気持ちを伝える挨拶

「小職(しょうしょく)」は、日本のビジネスシーンでよく使われる言葉です。
正しく理解して使いこなせるように、ぜひ覚えておきましょう。