日本のビジネスシーンでは、関係者同士の認識や意見に食い違いが生じることを「齟齬(そご)」と言います。
この記事では、日本のビジネスシーンで使える用語「齟齬(そご)」について、その意味や使われる場面、具体的な例を紹介します。

「齟齬(そご)」の意味

「齟齬(そご)」の基本的な意味

「齟齬(そご)」は、意見や情報が一致しない状態を指す言葉です。

英語では“discrepancy”
韓国語では“차이”

と表現されます。

「齟齬(そご)」がよく使われる場面

「齟齬(そご)」という言葉は、お互いの主張や意見、認識が食い違った際に「齟齬(そご)がある」というように使います。
例えば以下のような場面です。

  • プロジェクトや業務の進捗状況を共有する際
  • 顧客や取引先とコミュニケーションをとる際
  • 仕事の依頼や承認を得る際
  • 仕事の報告や相談をする際

「齟齬(そご)」の具体的な使用例

以下に、「齟齬(そご)」の具体的な使用例を紹介します。

例文1:「会議での説明と報告書の内容に齟齬が見受けられます。」

英語で意味を確認!

“There is a discrepancy between the explanation in the meeting and the content of the report.”

韓国語で意味を確認!

“회의에서의 설명과 보고서의 내용에 불일치가 보입니다.”

例文2:「彼の報告と現状に齟齬があります。」

英語で意味を確認!

“There is a discrepancy between his report and the current situation.”

韓国語で意味を確認!

“그의 보고와 현재 상황에 차이가 있습니다.”

例文3:「面接官の期待と自己PRに齟齬があると、不利になります。」

英語で意味を確認!

“If there is a discrepancy between the interviewer’s expectations and self-PR, it will be disadvantageous.”

韓国語で意味を確認!

“면접관의 기대와 자기 PR에 차이가 있으면 불리해집니다.”

「齟齬(そご)」の持つニュアンスと使用時の注意点

「齟齬(そご)」という言葉は、単に意見が異なるというのではなく、情報や意見に食い違いやズレがあることを示します。つまり、単なる意見の違いではなく、互いの認識にズレがあることを指摘しているニュアンスです。
この表現は、相手にも認識違いがあることを意味するため、相手に「あなたも間違っている」と指摘しているように受け取られる可能性があります。そのため、相手との関係性や場面によっては、慎重に使う必要があります。

「齟齬(そご)」のその他の表現

「齟齬(そご)」の代替語

「齟齬(そご)」の代替語としては、以下のようなものがあります。

  • 不一致(ふいっち)
  • 差異(さい)
  • 食い違い(くいちがい)
  • 行き違い(いきちがい)

「齟齬(そご)」と関連する他のビジネス用語

「齟齬(そご)」と関連する他のビジネス用語には、以下のようなものがあります。

相違(そうい):2つの意見や認識が異なっている(同じではない)こと
勘違い(かんちがい):事実とは異なる解釈や理解をしてしまうこと
早とちり(はやとちり):情報を十分に確認せずに、急いで結論を出してしまうこと

「齟齬(そご)」という表現は、日本のビジネス環境でよく使われます。
この表現はフォーマルな日本語ですが、正確に理解し、適切に使うことで、高い日本語の理解力をアピールできるでしょう。